クリニック案内

医院名
医療法人社団雄好会
つくばシティア内科クリニック

理事長
松本 好正
院長
松本 雄太
住所
〒305-0031
茨城県つくば市吾妻2丁目8-8 4階
診療科目
  • 内科
  • 消化器内科
  • 胃腸内科
  • 内視鏡内科
  • 呼吸器内科
  • アレルギー科
  • 内分泌外科(甲状腺専門)
  • 循環器内科
電話番号
  • シティア内科クリニック
    029-856-5500

  • 健診センターMARS(人間ドック)専用
    029-860-5700
FAX番号
029-856-5502
※クリニック・健診センター共通
外部リンク

各種予防接種(インフルエンザ予防接種、海外渡航予防接種等)

インフルエンザ予防接種の有効性

インフルエンザ予防接種の有効性は世界的にも認められています。我が国においても高齢者の発病防止や特に重症化防止に有効であることが確認されています。

65歳以上の高齢者に対して行った調査では、予防接種を受けないでインフルエンザにかかった人の34%~55%は、予防接種を受けていればインフルエンザにかからずに済んだこと、また予防接種を受けないでインフルエンザにかかって死亡した人の82%は、予防接種を受けていれば死亡せずに済んだことが報告されています。

なお、予防接種を受けてからインフルエンザに対する抵抗力がつくまでに2週間程度かかり、その効果が十分に持続する期間は約5ヶ月間とされています。より効率的に有効性を高めるためには、毎年インフルエンザが流行する前の12月中旬までに接種を受けておくことが必要です。

また、インフルエンザウイルスは毎年変化しながら流行するため、毎年流行が予測されるウイルスにあった予防接種を受けておくことが効果的です。我が国のインフルエンザ予防接種は、近年の状況をみると流行したウイルスを予防するのに効果的でありました。一般的には、65歳以上の方は1シーズン1回の予防接種で効果がありますが、インフルエンザウイルスの型に大きな変異がある場合には、2回接種することが必要です。

※厚生労働省 インフルエンザ予防接種ガイドラインより抜粋
※ 毎年、10月中旬~12月に実施しています。

各種予防接種を行っております

平成30年10月15日より、中学生以上を対象にインフルエンザ予防接種を開始いたします(個人は予約不要)。               団体での接種を希望される企業等の皆様は、お電話にて予約をお願いいたします。

※税込み価格を記載しております。


  • 破傷風トキソイド
    ・4,200円(1回)
    ・追加接種が必要です。
  • B型肝炎
    ・8,700円(1回)
    ・追加接種が必要です。

  • A型肝炎
    ・8,700円(1回)
    ・追加接種が必要です。

  • 水痘
    ・8,200円(1回)

  • 麻疹
    ・6,700円(1回)

  • 風疹
    ・6,700円(1回)

  • おたふく風邪
    ・6,700円(1回)

  • 麻疹・風疹混合
    ・10,200円(1回)

  • ツベルクリン反応
    ・1,000円(1回)
    ・判定日が祝日以外になるように月・水・土に接種いたします。

  • 抗マラリア剤
    ・9,200円(6錠)
    ・渡航1週間前より服用します。

  • 肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス)
    ・10,200円(1回)

東南アジア地域へ旅行される方へ

WHOの報告によりますと、東南アジアの地域ではコレラや赤痢などの伝染病や腸炎ビブリオやサルモネラ等の食中毒に年間十数万の人が感染していると言われています。

東南アジアで流行し、一般の旅行者が感染しやすい感染症と、海外駐在など長期滞在者が感染する恐れのある感染症としては、次のようなものがあげられます。

一般旅行者が感染しやすい感染症

  • コレラ
  • 赤痢(アメーバ赤痢を含む)
  • ジアジルジア症(ランブル鞭毛虫症)
  • 腸チフス・パラチフス
  • 食中毒(サルモネラ、腸炎ビブリオ、病原性大腸菌、ブルシオモナスなど)

長期滞在者が感染しやすい感染症

  • コレラ
  • 赤痢(アメーバ赤痢を含む)
  • ジアルジア症(ランブル鞭毛虫)
  • 腸チフス・パラチフス
  • A形肝炎
  • 食中毒(サルモネラ、腸炎ビブリオ、病原性大腸菌、ブルシオモナスなど)
  • マラリア
  • テング熱
  • 狂犬病
  • エイズ
  • 性病
  • ペスト
  • 破傷風
  • 結核
  • 寄生虫疾患(条虫、住血吸虫など)

東南アジア地域を旅行される場合の留意事項

気候に注意

感染症や食中毒の流行時期は、国によって多少違いますが、4~9月の暑い時期にかけて多く発生し、11月~2月の比較的過ごしやすい時期は発生が少なくなっています。

逆に11月~2月は、蚊が発生しやすく、森林地帯や農村部では蚊によって媒介されるマラリヤやテング熱に感染する危険がありますので、注意してください。なお都市では、蚊の媒介による感染の恐れはほとんどありません。

予防には「体調第一」プラス「予防知識」

様々な感染症や風土病がありますが、都市やリゾート地の観光過程であれば、体調を整えておくだけで、かなりの病気の予防ができます。しかし旅先では、どうしても飲みすぎや食べ過ぎをしがちですし、旅の疲れなどで、気づかない間に身体の抵抗力が落ちてしまいがちです。このような場合に身体の中に病原菌が侵入すると病気に罹りやすいのです。

感染症に罹ることを疑う必要のある『食べ物に関する注意』と感染症を防ぐために『避けるべき行為』について、以下にまとめておきます。

食べ物および犬や猫に関する注意

  • 生野菜・果実:ホテルや一流レストランで出されるものなら安心ですが、市場や屋台などで蝿がたかっているようなものは避けてください。赤痢、食中毒あるいは寄生虫に感染する危険があります。

  • 刺身・生牡蠣:日本での食習慣と同じような感覚で安易に生の魚介類を食べることは、たとえ一流レストランや高級ホテルであっても注意が必要です。コレラや食中毒あるいはウイルス性肝炎に感染する恐れがあります。

  • なま水・氷:国によって異なりますが、大抵の国では水道の設備は整っています。しかし、日本と違い硬質の水であることと、最近に汚染されることが比較的多いため、生水は避けミネラルウォーターを飲むようにしましょう。また、氷はなま水から作られることが多いので、できるだけ使用しないように注意してください。ウィスキーなどと一緒でも消毒効果は期待できません。

  • 乳製品:アイスクリームなどの乳製品には細菌が繁殖しやすい成分が含まれています。不衛生な店などでは温度管理が悪いために赤痢やサルモネラなどの食中毒に感染することが多いようです。

  • 野犬や猫:狂犬病が撲滅されている国は僅かしかありません。シンガポールを除く東南アジア諸国には狂犬病が存在しています。狂犬病はウィルスを持った犬猫に咬まれることで感染します。治療が遅れると死に至る病気ですので、特によだれを流している犬には近寄らないように注意してください。

帰国後の注意

東南アジアなどへの海外渡航者の約3割が、現地でまたは帰国後に下痢症状を訴えるといわれています。帰国時に下痢症状のある場合は、空港の検疫所で検便を受けてください。帰国後に下痢や発熱の症状が出たら、医療機関で受信し、または最寄の保健所に相談してください。

便の検査をしているときは、結果が判るまでレストラン等での食事(外食)や調理に携わることは自粛してください。もしコレラや赤痢に感染している場合は、使用したトイレの消毒や接触した人への検便が行われます。

学童は海外旅行後に下痢などの症状が出た場合は、学校に連絡をしてしばらくの間、登校を見合わせてください。